FMOCフォーエバー現代美術館「草間彌生展」開催中

京都のフォーエバー現代美術館 は、祇園の祇園甲部歌舞練場内に2017年6月にオープンした新しいミュージアム。2017年6月10日~2018年2月25日まで「草間彌生 My Soul Forever展」を開催中。建物は、都をどりの会場として知られる伝統的日本建築の有形文化財の八坂倶楽部。

Forever Museum of Contemporary Art (FMOCA)

美術館の屋外入り口には、草間彌生のシンボル作品として、南瓜のパブリックアートを常設展示している。

内容は、1950 年から 2008 年までのオリジナル作品のほか、1979 年から1990 年までの版画作品を展示。版画作品は撮影禁止だが入口のこの作品のみスマホでの撮影可。個人的に普段見る草間彌生のオブジェ作品より、展示作品の版画の方が好みだった。

畳敷きの空間にあるモダンアート by YAYOI KUSAMA
畳に座って鑑賞するスタイルが京都ならでは良かった。日本古来の障壁画だって元々畳の上で鑑賞するアートだったしマッチするのだろう。
2階にあるこの作品のみスマホでの撮影OK

 

純日本庭園のミュージアムガーデン
「八坂倶楽部」という、大正 2 年に建てられた築 104 年の伝統的日本建築の有形文化財です。

着物女子の撮影スポットにもおすすめ。

座禅スペースもあり

 

ミュージアムショップやミュージアムカフェもあるので、草間のドットデザインのユニークなスイーツも楽しめる。ちなみに、やよいちゃん人形は売っていなかった。

フォーエバー現代美術館は観光の中心地の祇園にあり、特に草間彌生に興味なくてもおすすめできる現在ミュージアムだと思う。草間彌生展は好評につき、2018年2月25日まで会期延長。京都に行く機会があればぜひ寄ってみてほしい。

フォーエバー現代美術館(祇園甲部歌舞練場)
京都市東山区祇園町南側570-2
京都駅からバス『祇園』下車徒歩約8分 又は 京阪本線 祇園四条駅より徒歩約8分

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。