金沢21世紀美術館 

かねてより私が行きたかった美術館、金沢21世紀美術館にこの夏ようやく行く事ができた。
金沢21世紀美術館は現代美術を収蔵した美術館。わかりやすいフォトジェニックな作品が多いので、アートにあまり興味ない人でも楽しめる金沢の人気スポットでもある。
金沢駅から出ている観光ループバスは目の前に泊まるので旅行者でも行きやすい。

21st Century Museum Kanazawa

ガラス張りの円形の美術館。
まず目に入るのは庭にある恒久展示作品「カラー・アクティヴィティ・ハウス」
色の三原色ーシアン、マゼンタ、イエローの色ガラスの壁


美術館の建物への入館(交流ゾーン)は無料だが、展来会やプールの下へ入るには、展覧会観覧券(有料)が必要。
展示品の作品は撮影禁止なので、恒久展示作品のみご紹介する。

ここで写真と撮っている女子多し。

作品の中でも特に人気なのがレアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」。
金沢21世紀美術館のシンボル的な作品なのでメディアで見たことある人もいるのではないだろうか。
透明のガラスの上に深さ約10センチの水が張られている。下の階のプールの内部に入って、それを上から眺めるとプールに入っているように見える作りとなっている。
私が行った時は曇り空でプールの中に太陽光がなく、きれいに撮影できなかったのが残念だ。

        ”The Swimming Pool” © Leandro ERLICH
「雲を測る男」ヤン・ファーブル
「今後は何をして過ごすのか」「雲でも測って過ごすさ」


© Michael LIN 金沢21世紀美術館の公式サイトの画像

写真を撮りたかった作品の金沢らしい和柄のマイケル・リンの作品は、残念ながら、メンテナンス作業の為、閉場していた。

金沢21世紀美術館は垣根のない市民の憩いのアート広場となっている。
美術館は兼六園にも近いので金沢観光に外せないスポット。
金沢21世紀美術館 21st Century Museum Kanazawa
石川県金沢市広坂1丁目2番1号
休館日:月曜日 展覧会ゾーン

 


“金沢21世紀美術館 ” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。