問屋だけじゃない!レトロな迪化街を散歩<台北>

台湾2日目の午前中は台北の問屋街、迪化街(DiHua)を歩いた。
乾物屋、漢方薬、お茶、といった昔ながらの庶民的な商店が並ぶ通りはショッピングにも最適。迪化街は古い商店が並ぶただの問屋街だと思っていたので、前回の台北旅行では行かなかったのだが、レトロな商店の中にカワイイ雑貨屋やおしゃれなカフェがあって、実に楽しい通りだった。

迪化街の問屋街へは色々な行き方があるが、私はMRT北門駅から歩いて行った。
北門駅から塔城街を迪化街方面へ10分位歩くと賑やかな永楽市場があり、その辺りからバロック風建築や赤レンガのレトロな建物が現れる。

Dihua street 迪化街

午後は観光客で混むらしいので、空いている平日の午前中がおすすめ。

永楽市場の前の路地を入ると雑貨屋がいくつかある。
ASW Tea Houseの並びにある素敵な店

お箸などに好き名文字を入れてくれる。

向いには手作りチャイナシューズのお店、小花園 大稻埕店( Dadaocheng)
住所: 103 台北市迪化街一段32巷2號

可愛いチャイナシューズや、雑貨、台湾イラストのマスキングテープなど女性向けのカワイイグッズが色々あって自分用のお土産におすすめ。

霞海城隍廟 Xiahai Chenghuang Temple
台北の縁結びパワースポットと言われている小さな廟。
縁結びの神様、月下老人は最高の伴侶に結びつく赤い糸を授けてくれるといわれている。そういえば台南の宿にも月下老人の縁結び巡りの日本語パンフがあったな。

 

カラスミもやドライフルーツも沢山売ってるいのでお土産探しに最適。

プーアール茶詰め合わせ。ティーポットに1つ入れればOK

 

台湾らしいカワイイ雑貨やアート作品、本もあるお店
URS127玩藝工場
住所:台北市大同區迪化街一段127號

奥は小さなギャラリーになっていて、猫のイラストが展示されていた。

ギャラリーの外へ出ると、絵本でおなじみ、いわさきちひろのイラストが描かれたウォールアートが。

台湾らしいお茶屋さんも。
更に迪化街一段を進むと、かごや竹細工のお店がある。

高建桶店

のどが渇いたので、素敵なフルーツパーラーでフレッシュマンゴージュースを頂く。

豊味果品(fflavour)
住所:台北市迪化街一段219号

もちろん、ジュース以外に季節のカットフルーツプレートもあり、手軽に台湾フルーツが楽しめる。
マンゴージュース(180元) マンゴープレート (250元)

他にも雑貨屋があって楽しい。

私が行ってみたかったカフェがこちら。
Cafe Salt Peanuts Cafe (鹹花生) 
住所:台湾台北市迪化街1段197號一進

迪化街のレトロな雰囲気とは違って、カフェの中はカワイイ雰囲気。
天然酵母パンやケーキも美味しそう。

中庭のテラス席でコーヒーを飲んで休憩。

ホワイトコーヒー(カフェラテ)を飲んだが、コーヒーの香りが良くて美味しい!
台湾でこんな美味しいコーヒーが飲めてちょっと感動。

Salt Peanuts Cafe の外には中庭を挟んでビストロ「孔雀(PEACOCK)」がある。
このレストランの中もすごくセンスが良くて、今度食事に行ってみたいと思った。

 

迪化街の散策が思ってた以上に楽しくて、随分長いこと街歩きしてしまった。
古い商店の中に若者向けのおしゃれなカフェや雑貨店もあり、例えるなら東京下町の谷中をブラブラしている楽しさに近い。
新旧の良い所が入り混じったレトロな迪化街は、ショッピングだけでなく、散歩好きのカメラ女子にもおススメの街だった。
迪化街の雰囲気が好きな人は、リノベーションされたかわいいカフェも多い台南もおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。