お正月は「祇園 岩元」監修おせち

3年前から我が家では、おせち料理3段重を購入している。
以前はスーパーで色々、お正月料理をランダムに買って盛り付けていたが、なんだかんだ1万円弱かかる。京都料亭監修のおせちは見栄えがよくて美味しくて満足。

京都「祇園 岩元」監修おせち「匠」3段重 46品
10月に早割で16,000円(送料無料)で購入。11月以降は18,800円(税込)。
新聞広告に掲載され、毎年人気だから売り切れちゃう。

おせちの中身は、ロブスター旨煮、海老錦手まり、数の子醤油漬け、あわび福良煮、ホタテ明太和え、サーモンマリネ、田作り、紅白なますゆず風味、若鶏雲丹田楽焼き、真鯛松前焼、ホタテ香草オイル漬け、合鴨スモーク、鰆昆布〆、てまり餅、イクラしょうゆ漬け、etc…
詳しくは京都祇園料亭[岩元」監修おせち 匠

このおせちを選んだのは、私達夫婦の嫌いな「黄色い栗きんとん」「だて巻き」が入っていなくて、海老、サーモン、イカ、ホタテ、ハマグリ、とシーフード料理多めだから。代わりの紅芋きんとんは、まるでスイートポテト。
あまり和食らしくない味付けが私好みで、サーモンマリネの玉ねぎや、杏子博多が美味しかった。杏子博多って、聞きなれないけど、干しあんずとバター風味の生地を重ねたミルフィーユ。

おせちは冷蔵で12月29日に届いて、数の子とお雑煮、お蕎麦も含めて、3日間かけて食べた。
3日間家にいても食事作らなくていいのが楽ちん。
来年も岩元監修おせちで決まり。

おやつは、六花亭の「霜だたみ」
サクサクのパイの中にカプチーノクリームが入っていて美味しい!パイは特に好きなわけではないけれど、このサクサク触感は完璧!
六花亭と言えば、バターサンドが有名だけど、ダントツ「霜だたみ」のほうが美味しい。
バターサンドは東京でもたまに見かけるけど、「霜だたみ」は東京では中々お目にかかれない。「霜だたみ」もいつでも買えるように百貨店で置いてほしいな。オンラインだと商品より送料の方が高いから。
好きな時に食べられない貴重なお菓子だから、たまに食べた時はより美味しく感じるのだろうか。

今年のお正月も、YouTube見て、読書して、食べて、だらだらして終わっちゃったな。
でも家にて、好きなもの食べて、たくさん寝て、動画観てるのも幸せ~。
無理に今年の目標とか立てないで、やる気のない時はだらだらでいいのだ。
年末の掃除も旦那が一人で完璧にやってくれて、感謝。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。